MENU

目のピントが合わない原因とは

目のピントが合わないと、文字がかすんでみえたり、二重にブレて見えるなどの症状が見られます。

 

現代はパソコンで長時間のデスクワークをしている人が増えていますが、細かい作業をよくする人の場合は、眼精疲労が原因である可能性があります。パソコンを長時間操作していると、一定の距離にピントが合ってしまうため、画面から目を離した時にかすんだり、ぼやけて見えてしまうことが多いです。

 

えんきん

眼精疲労を感じている時は、一時的に仕事を中断して、遠い場所を見るように心掛けて下さい。眼精疲労を放置しておくと、近視や乱視の原因になったり、近視が進んでしまう場合があるので、目薬をさしたり、ブルーベリーやルテインなどのサプリメントを服用すると良いでしょう。

 

 

長時間タブレットやスマートフォンを操作していたり、エアコンで乾燥した部屋に長時間いると、ドライアイになってしまう場合があります。

 

ドライアイは、涙の分泌量が減少して、目の表面が乾燥しやすくなりますが、目のピントが合わない原因になります。
目が乾燥していると感じたら、眼科で処方してもらった目薬をさすようにしたり、うなぎや小松菜、かぼちゃなどのビタミンAやビタミンEを豊富に含んでいる食品を食べるようにしましょう。

 

40歳を過ぎて、目のピントが合わないと感じている人は、加齢による老眼の可能性があるので、早めに眼科で診察を受けるようにしましょう。

 

老眼の場合は、少し遠くでピントが合ってしまうため、新聞や本などの近くの文字が見えにくくなることが多いです。
目のピントが合わず、不便さを感じている場合は、我慢をせずに老眼鏡を掛けるなどの対応をすると良いでしょう。

 

40代や50代の年代に入ると、白内障や緑内障などの目の病気に罹る人が増えてきます。
白内障は、水晶体が白く濁ってくる病気で視力が低下したり、まぶしく感じたり、目のピントが合わないなどの症状が見られます。

 

えんきん

緑内障は初期段階は、自覚症状がほとんどありませんが、少しずつ視野が欠けてきて、視力が低下する病気です。
白内障や緑内障などの眼病の疑いがある時は、眼科で眼底検査や眼圧検査、視力検査などを受けるようにしましょう。

 

目の片側だけピントが合わないと感じている人も多いですが、ほとんどの場合は、眼精疲労が原因です。
現代人の生活には、パソコンやタブレットなどの精密機器は欠かせなくなっていますが、必要がない時は使用を中断して、目を休ませるようにしましょう。

目のピントが合わない人の対策方法は

目のピントが合わないと感じてきた人には、ファンケルの「えんきん」がおすすめです。

えんきん

その理由は、目に良いとされる「アントシアニン」が多く含まれているためです。「アントシアニン」は、ブルーベリーに多く含まれていることでも知られていますが、目をよく使うという方、目が疲れているという方には、おすすめです。

 

「アントシアニン」は、見たものを脳で認識する時に使われる「ロドプシン」というたんぱく質を再合成するので、目に良い成分と言われています。

えんきん

ファンケルは、安心品質で多くの人にも知られているサプリメントで有名です。成分の表示もしっかりと管理されているので、毎日安心して口にすることができるでしょう。ファンケルの「えんきん」は、1日当たりの価格も72円と、かなりお手頃な値段です。毎日続けるものなので、低価格で安全に摂取できる面でも安全といえるでしょう。

えんきん

ファンケルの「えんきん」は、目のピントが合わない人はもちろん、その他に、目が疲れやすい、目が乾きやすい、目の奥が痛い、パソコンやスマホを長時間使う、読書や運転など、細かい作業が辛いという症状がある人にもおすすめです。

 

えんきん

老化による目の衰えを予防したい人にも効果が期待できるといわれています。ファンケルの「えんきん」は、機能性表示食品に認められた老眼対策用サプリメントとしても有名で、おすすめする理由です。

 

研究結果によると、ピント調整の効果があったことは、肩や首への筋肉の負担も改善したことが判明していることでも、知られています。

 

手元のピント調整力をサポートしてくれる目のサプリメント「えんきん」。1000円でお試し2週間分に、さらに一袋(2週間分)ついてくるお得なキャンペーンも行っています。
臨床試験を行い、効果が立証されている正式な商品だからこそ、信頼でき、効果も大きいものです。

 

えんきん

 

実際に、飲んでいる人からの評判も高い傾向にあります。摂取量も1日2粒なので、無理なく続けることができます。合成着色料や、香料、保存料等も使われていないので、ご高齢の方でも、安心して摂取することができるでしょう。サプリメントの質にこだわり、無駄なく効率的に働くことを目的に作られているので、素材の力が最大限に発揮されているといわれています。

 

また、植物由来ソフトカプセルなので、体内でカプセルが素早く溶けて、配合成分を酸化から守ってくれるもの、おすすめの理由です。

 

続けている人からは、目が楽になったという声も多くきかれます。安心で効果が実証されている製品なので、目の悩みがある人にはおすすめです。

目のピントが合わない場合の病気の可能性

人間の目はとても良くできていて、様々な物を見てその情報を脳へと伝える事が出来ます。
またオートフォーカス機能も備わっているので、基本的には見たものに対してピントを簡単に合わせる事も可能です。
しかし実際には目のピントが合わないと感じている人も決して珍しくありません。

 

その原因はただの疲れ目と言う可能性もあります。

 

 

例えばスマートフォンでずっとゲームをしていたとか、近くの物をずっと見ていたと言う場合などは急にピントが合わないと言う事は起こり得ます。
ただ目の疲れ以外にももしかしたら病気になっている可能性もあるので、ただ目のピントが合わないと思っているのではなく、その症状が続く場合は眼科で見てもらう方が安心です。

 

まず可能性として考えられる物の一つが緑内障です。

日本人では大体40代以上になるとその症状を訴える人が出てくる事が多いのですが、簡単に言えば視野がだんだんと掛けて言ってしまう病気です。
いったん欠けてしまった視野は元に戻す事は出来ないので、目薬を使って進行を抑えたりして対処するしかありません。

 

また、老眼と言う可能性もあります。

これは高齢になってくると起きる事が多い物で、近くの物が見えにくくなると言う物です。
老化現象の一種なのですが、視力をうまく矯正する事によって目を疲れさせない事などは可能です。

 

また近視や乱視などでも目のピントが合わないと言う事は有ります。

近くの物は見えるけれど遠くの物は見えない近視、反対に遠くの物は見えるけれど近くの物が見えにくい遠視、どちらも目の異常と言う風に考える事が出来ます。
目薬を利用したりメガネで矯正したりする事によってその状態を改善する事は出来ますが、ひどくなると目の疲れから頭痛に発展してしまう事もあるので注意しましょう。

 

また現在では視力回復の方法としてレーシック手術を受ける人も珍しくありません。
確かにメガネやコンタクトレンズを使う必要はなくなりますが、人によってはパソコンやスマートフォンなどを使って近くばかりを見ていると遠くが全く見えなくなってしまうと言う事もあります。
この場合は目を休める、遠くを見る様にすると言う事で症状を改善する事もできますが、手術による後遺症も考えられる事があるので十分気を付けましょう。

 

目のピントが合わないと言う時には、何らかの病気になっている可能性もあります。
ただ見えにくいと言う事で済ませてしまうのではなく、気になる場合は病院で検査してもらいましょう。